ラベリングシステムとは

独自の発想と技術力で、医薬品ラベル分野をリード

label_01当社は1973年にカラー写真ラベルの研究開発に成功して以来、高級タックラベル(感圧式ラベル)のパイオニアとして躍進を続けています。1977年 “GMP”に準拠するロール式タックラベルで医薬品ラベル業界に参入し、90年代初頭には遮光・緩衝機能などを備えたLPEパックラベルを開発して、医薬 品分野における機能包材としてのラベルのポジションを確立しました。その後、熱による収縮で容器を封印し改ざん防止を目的としたシュリンクタックラベル や、医療過誤に対応するためラベルの一部を切り取りカルテなどへの再貼付を可能とした分割ラベルなどを開発し、医療現場に付加価値の高い機能ラベルを提供 しています。今後も当社は医薬品分野に特化した研究開発を推進し、独自のラベル事業を通して広く社会に貢献していきます。

 

高い専門性から生まれる、お客様本位のソリューション提案

label_02当社はラベルの企画から印刷、加工とともに、タックラベラー(ラベル貼り機)についても企画、設計から組立調整、アフターサービスまで手がけています。 80年代には当時、世界初の技術を導入し、ラベル貼り機の貼付スピードを飛躍的に向上させました。ラベル貼付のFA化に貢献して以来、一貫してお客様の負担を 軽減し、ラベルとラベル貼り機の両面から総合的なラベリングシステムを提供しています。現在はラベルの主なエンドユーザーである実際の医療現場の方々よりさま ざまな要望や問題をお寄せいただくようになり、そうしたご意見に応えるソリューション提案を実践しています。医薬品分野のパートナー企業として、当社はお 客様へ真に役立つラベリングシステムを安定的に供給します。

お客様の要望を的確に実現するオーダーメイドシステム

label_03当社のラベル貼り機は、お客様が望む正確でスピーディなラベルの貼付やラベルでの包装を実現するため、すべてオーダーメイドです。お客様の要望をいかに忠実に 実現できるかは、設計技術者の手腕に委ねる部分が多く、当社は確固たる技術志向を持って、推進しています。それが積極的な営業活動のベースにもなり、ニッ チ分野を専門的に深めている当社のビジネスの基礎になっています。

 

Copyright (C) 2005-2014 IWATA LABEL Co.,Ltd. All Rights Reserved.