職種紹介

job

当社では部署異動によって複数の業務を経験し、前後工程のつながりや全体の流れを知っていただくために「ジョブローテーション」を推進しています。
幅広い分野に対して興味と知識をもち、業務をより円滑に行えるよう、小さな疑問から改善案を考えていける社員の育成を心がけています。

経営企画室 経営企画室は「新しい事業創出のための調査」を行う部署です。過去、当社は医薬品業界への参入が契機となり、現在の規模にまで成長することができました。そうした新たなビジネスを発掘する仕事、と言い換えられるかもしれません。現在、海外で開かれる展示会に出展し、情報の発信とともに市場調査を行っています。
営業所 東京、大阪、富山、秋田、名古屋にある各営業所に営業担当者が在籍しています。お客様である製薬メーカーを訪問し、自社の製品や技術のPRを行うほか、お客様の要望や「こんなことに困っているんだけど・・・」という声を拾い上げ、それを解決するために新しい包装形態でのラベルやラベル貼り機を提案します。
営業企画課 新製品開発の立案を担当する部署です。実際に医薬品が使用される医療現場や製薬会社様を訪問し、新製品開発の「種」を見つけます。技術課と協力しながら、その製品の将来性、どれだけの市場が見込めるかの市場調査を行い、営業戦略の立案までを行います。また、営業担当者の活動をサポートするプロモーション活動(展示会の企画立案、ノベルティーグッズの開発)を行います。
技術課 当社のラベル貼り機は一品一様のオーダーメイドです。お客様からいただいた「毎分○○枚のペースで容器にラベルを貼付したい」などの要求仕様をどのように具現化させていくかを構想・設計するのが技術課の仕事です。また、ラベルについても新しいラベルの設計・構想に加え、インキや用紙の強度などを測るために各種実験を行います。
デザイン課 お客様を通じて営業担当者から依頼を受け、ラベルを印刷するための校正紙デザインを作成する部署です。医薬品のラベルは表示として薬事法の規定があるため、一からデザインを作成することはあまりありませんが、当社での印刷に適した修正を行い、薬事法に基づく表示の見易さなどを提案し、お客様にご確認いただきます。
業務課 工場の運営を支える大切な部署です。数多くあるお客様からのご発注に対し、「いつ、どの印刷機で印刷するか」「それぞれのラベルをどういった順番で印刷すれば効率がいいか」という生産計画の立案、製品をお客様のもとへ納品する運送会社の手配、ラベルの材料や消耗品の在庫管理など、その仕事内容は多岐にわたります。
製版課 デザイン課から送られてきたラベルデータを再加工し、デザイン通りに印刷するための版を作成する部署です。当社の印刷技法は「凸版印刷」と呼ばれるもので、色を載せたい部分が盛り上がった「樹脂版」を使い、版画のような方式で多色印刷を行っています。版の出来によってラベルの表示品質に影響が出るため、機械による検査だけでなくルーペを用いた目視チェックも入念に行います。
印刷課 印刷機を稼動させ、ラベルの印刷作業を行う部署です。多種多様な用紙、インキの中から指定されたものを正確に使用し、ラベルを一点一点生産していきます。色の濃淡や印刷位置、ラベルの型抜きを行う際の刃の入り具合など、綿密な作業が求められます。注意しなければならないポイントが多くありますが、「ものづくり」の現場である実感を得られる部署です。
加工課 印刷し終えたラベルを加工し、お客様のもとへ納品できる形に整える部署です。ラベル印刷面の検査から始まり、複数列で印刷したラベルを一列ずつにカットする作業(スリッター)や、お客様のもとで残数管理をしやすくするためラベル台紙の裏面に連番を印字する作業(バックナンバー)などがあります。お客様から指定された加工を施し、製品として仕上げていきます。
品質管理課 医薬品ラベルを扱う企業として、最も重要な課題のひとつが品質保証です。印刷、加工作業を経て出来上がった製品を第三者視点から審査し、お客様のみならず「市場に流通してもよいものかどうか」の判定を行います。お客様からの信頼に直結する部署であり、厳密なチェック体制のもと、強い責任感を持って実践しています。
Copyright (C) 2005-2014 IWATA LABEL Co.,Ltd. All Rights Reserved.